mac mini (2009 late)にSparky Linuxを入れる

El Capitanにアップグレードしたら重すぎて使えないものに成り果てたmac mini(2009 late)。

そのまま引退ぎみになっていたのをもったいないのでLinux機にしようと思い立ってやってみた。

実は以前、DebianがSqueezeぐらいの頃にmac os とのデュアルブートにしたことがあったのだけれど、けっこう苦労した記憶があってそのままになっていた。

今回、もはやmac osは必要ないということでLinux一本に絞ることに。ついでにDebian系の何かもっとクライアント向きのディストリを試してみようといろいろ調べて、良さそうだったSparky Linuxというやつを入れてみることにした。

そしたらこれがもう拍子抜けするぐらい簡単にインストールできた上に、mac osよりはるかに軽く、引退状態だったmac miniが実用レベルに復活した。原稿仕事はこれでできちゃうぜ、ってぐらいに快適。

“mac mini (2009 late)にSparky Linuxを入れる” の続きを読む