坂本真綾 ALL CLEAR NHKホール2Days 一日目

五度目の正直でゲットしたチケット。席は期待していませんでしたが、まさかの最後列でした。NHKホール三階席の一番後ろ。本当に一番後ろの席でした。これはこれですごい。

NHKホールというのはやはり歌に特化したホールのようで、三階席の一番後ろはかなり音響的にバランスが悪かったのだけれど、歌だけは綺麗に聞こえました。バッキングはモワモワで、特にベースはほとんど何をラインがはっきりしないぐらいモワってました。どの楽器も全体に抜けてこない感じです。しかし、歌だけはしっかり抜けてくるし、楽器陣の手前に位置している感じでとてもよく聞こえました。これは坂本真綾さんのようなアーティストの場合、あまりマイナスではない状態だと感じました。(あくまで僕はという意味ですが)

セットリストなどの詳細には触れないようにしますが、セットリストも非常に良かったです。僕は6~7年ぐらい真綾さんのライブに足を運んでいますが、初めてライブで見る曲もあったり、「これがライブで聴きたいな」と思っていたものが聴けたりして大変満足でした。

30代に入ってからの真綾さんの歌は乗りの乗っていて、とにかく魅力が爆発しています。35歳ぐらいにピークがあって少し弱ってきたかなという印象を受けなくもないですが、カバーして余りあるテクニックを身につけていて見事です。今日は一部伸びがいまいちかなと感じる部分もありましたが、音域によって声の出し方を使い分けて巧みに歌いこなしていました。さすが声のプロ。ただのシンガーではないスゴ技でした。

かつてのかなり若い時に歌っていた曲などを今のこのすごい歌で聴くと、その圧倒的な表現力に震えます。選曲もすばらしい。歌詞もすばらしい。歌もすばらしい。MCも最高。非常に満足度が高いライブでした。

席なんかどこだろうと100%楽しめますね。明日のチケットは二階席です。見下ろす角度が違うだけで距離感はそう違わないような気がしますが、歌に酔えれば何でもいいのです。2Daysはこれだけ感動して帰ってきて「明日もまた見られる」という贅沢が味わえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です