Dell Dimension9200 再利用計画

寝室の片隅に、使わなくなったタワー型のPCを横倒しにして積み上げてあるのですが、ふとその中の一台に使い道があるのではないか、と思い、自室へ引っ張り出してきました。

DellのDimension9200です。

外観は嘘みたいにきれいです。

このPCは初めて北海道へ移り住んで、専門学校でCGを学んでいるころに買ったものなので買ったのは多分2006年だと思います。当時メインで使っていたDellのPrecision470のサブ機として購入したものでした。

そのまましばらくサブ機として使った後放置していたと記憶していたので、おそらくプリインストールのWindowsXPがそのまま入っているだろう、と思っていました。

しかし起動してみると…。

Debian7ですね。Wheezyです。このバージョンのDebianは多分2014年ごろなので、そのころに再利用を考えたということでしょう。しかし全く記憶にありません。データを見ても使った形跡がなく(ホームフォルダが空っぽ)、OSだけ入れて結局使わなかったのかもしれません。ウィンドウシステムがインストールされていないのでサーバとして使うつもりだったのだと思いますが、結局やめたのでしょう。

CPUを調べるとPentium Dと出ました…。なるほど、おそらくこれをサーバとして使わなかった理由は消費電力でしょう。Pentium Dは割と短命だった印象がありますが、実に中途半端なCPUでした。たしかアーキテクチャとしてはx86なのですが、64bit版のOSを動かせる、というような触れ込みだったと思います。デュアルコアの先駆けみたいなCPUで、スペック的にはハッタリが効いていました。しかし消費電力が高いという難点がありました。

当時スペックの割に割安だったのでサブ機にちょうどよかったのと、メインで使っていたPrecision470はPentium4のXeonを2個搭載したとんでもない消費電力を誇るマシンだったので、あまり気にならなかったのではないかと思います。

これを今回はあらためてサブ機として復活させることを検討していますが、やはりあまりに電気代が上がるようだったら廃棄ってことにならざるを得ないかもしれません。

今はSparkyLinuxのインストールDVDを作成中です。Sparkyでの復活作戦始動です。

DebianをUpgradeしたらRedmineが動かなくなった件

DebianをJessieからStretchにアップグレードしたらRedmineが動かなくなりました。

MediaWikiやWordpressなどが動いている環境でそのままアップグレードしてもまったく問題なかったため、完全に油断してRedmineが動いているサーバでも同じように実行したらRedmineはダメでありました。

現象

Debian8.9+Apache2+Redmineで稼動していたサーバで、aptのsources.listをjessie→stretchに書き換えてdist-upgradeしたらRedmineがエラーを吐きました。

ブラウザからアクセスすると「We’re sorry, but something went wrong」という画面が表示される、という現象になりました。

しかしSomethingがwrongしたことしかわからないので、Apache2のエラーログを見ると、どうやらpassengerのエラーで、Message from application:Bundler::PermissionErrorと書いてありました。

おそらくアップグレード時にRedmineのインストールフォルダのパーミッションが変更されてしまったのでしょう。

解決策

このように実行してインストールフォルダの所有者を全部Apacheにしてやるとアクセスできるようになりました。

更なる問題

ログインするとInternal Error500と、サーバエラーを吐いて止まるという現象・・・

今度はApacheではなくRedmineのほうのログを確認すると、データベースエラーで、Unknown Columnというのが出ているようです。

その解決策

そこで以下を実行。

これで無事にログインできるようになり、さぁ「マイページ」を表示・・・

またもInternal Error。再びログを確認するとどうやらテンプレートでエラーが発生している様子。

結局のところ、プラグインとDBのマイグレーションを実行し、キャッシュ類をクリアしてWebサーバを再起動する、というのがベストっぽいです。

この操作はRedmineのインストールディレクトリ(Rakefileが置いてある場所)で実行します。

Apache2の再起動はいろんな方法がありますが、一応Debian9で推奨されているSystemctlで実行しました。(まだservice apache2 restart)のほうが手に馴染んでますが・・・)

まとめ

Debian8→9へのアップグレードは、考えてみればRedmineのアップグレード、Ruby、Gem、Bundler、Passengerなどのアップグレード、MySQL→MariaDBへの更新などなど、Redmineに関するありとあらゆるものがアップグレードされたといっても過言ではない状況で、そんなものまともに動くはず無いだろ、ということなのでありました。安易にdist-upgradeしちゃダメでありました。

修復手順としては

  1. RedmineインストールフォルダのPermissionを変更してApache2がアクセスできるようにする
  2. Redmine関係のmigrateを実行(rake)
  3. キャッシュ関係のクリア(rake)
  4. Apache2の再起動

という感じでした。これで無事、新しい環境へアップグレードできました。

Sparky LinuxでLINEを使う

mac mini(2009 late)にSparky Linuxを入れて普段使いPCとして復活させ、原稿づくりやこのブログへの投稿、音楽の管理などが快適になってきて、あとはLINEだな、ということに。

僕はもともとWindows上でLINEのアプリケーションを使って主にチャットをしていたので、そういう感じでLINEにアクセスできるものがLinuxにもあるとありがたい。調べてみたところ、Chromeのアドオンとして出ているらしい。

Chromeウェブストアから「LINE」をインストールする

ChromiumでChromeウェブストアにアクセスし、lineと検索すると「アプリ」のところに「LINE」というのがあるのでそれをインストールする。

インストール前は右側のボタンが「CHROMEに追加」になっているのでそれを押すだけ。これまた拍子抜けするほど簡単。ボタンをおしてしばらく待っているとインストールが完了する。完了すると上のスクリーンショットのように、ボタンが「評価する」というものに変わる。

インストールするとChromiumのブックマークバーの左端「Apps」からLINEアドオンが起動できる。アドオンではあるものの別窓で開き、ほとんど単体アプリのように振る舞うのでWindows版のLINEアプリとフィーリングとして大差ない。

アドオン自体はこんな感じ。まさにルックもフィールも単体アプリと変わらない。

Sparky Linuxのおかげで引退しかけていたマシンがメイン級になってしまった。

Sparky LinuxでCDを取り込む

Linux, CD, 取り込み,などのキーワードで検索すると、どうやらAsunderというアプリケーションを使うのが良いらしい。
早速これをインストールしてみた。

Asunderとlameをインストールする

Asunderがアプリケーション本体、lameはMP3エンコーダ。MP3エンコーディングをしないならlameは入れなくてもOK。

早速フォープレイのファーストアルバムを取り込んでみる。CD情報も問題なく取得でき、lameによってMP3エンコードもできる。

再生は別のアプリで

Asunderはリッピング専用のアプリケーションのようで、プレイリストを作って再生する、というようなことはできない。そのため取り込んだファイルを再生するのは別のアプリで行う必要がある。

Sparky Linuxには最初からいろいろと再生ソフトが入っているので、僕はその中からAudaciousというのを使っている。

上記はAsunderで取り込んだフォープレイのElixirを再生しているところ。これ、AudaciousでCDを再生するとCD情報が取得できず、Track1とかいう名前になってしまう。Asunderで取り込むと情報が来てくれるので再生環境が改善しますね。

僕は取り込み時にMP3にしているのでCDで聴くより音が劣化しているという話しはあるのだけれど、そもそもその差がわかるほどまともなオーディオで再生しているわけじゃないので取り込んでから聴く感じで全く問題ない。

これで音楽を流しながら作業できるようになった。El CapitanではiTunes1つだけ起動した状態でもほとんど使い物にならないぐらい重かったのに、CDを取り込みながらすでに取り込んである別のものを再生しつつ、ブラウザでブログを編集しながらスクリーンショットをKritaで編集し、みたいなことをやっても快適。

重いOSはマシンを殺すのだなぁと改めて思いますね。

しかしAsunderといいAudaciousといい、どう発音すればいいのかわかりにくい名前のアプリが多いね…。

mac mini (2009 late)にSparky Linuxを入れる

El Capitanにアップグレードしたら重すぎて使えないものに成り果てたmac mini(2009 late)。

そのまま引退ぎみになっていたのをもったいないのでLinux機にしようと思い立ってやってみた。

実は以前、DebianがSqueezeぐらいの頃にmac os とのデュアルブートにしたことがあったのだけれど、けっこう苦労した記憶があってそのままになっていた。

今回、もはやmac osは必要ないということでLinux一本に絞ることに。ついでにDebian系の何かもっとクライアント向きのディストリを試してみようといろいろ調べて、良さそうだったSparky Linuxというやつを入れてみることにした。

そしたらこれがもう拍子抜けするぐらい簡単にインストールできた上に、mac osよりはるかに軽く、引退状態だったmac miniが実用レベルに復活した。原稿仕事はこれでできちゃうぜ、ってぐらいに快適。

“mac mini (2009 late)にSparky Linuxを入れる” の続きを読む