Sparky LinuxでCDを取り込む

Linux, CD, 取り込み,などのキーワードで検索すると、どうやらAsunderというアプリケーションを使うのが良いらしい。
早速これをインストールしてみた。

Asunderとlameをインストールする

Asunderがアプリケーション本体、lameはMP3エンコーダ。MP3エンコーディングをしないならlameは入れなくてもOK。

早速フォープレイのファーストアルバムを取り込んでみる。CD情報も問題なく取得でき、lameによってMP3エンコードもできる。

再生は別のアプリで

Asunderはリッピング専用のアプリケーションのようで、プレイリストを作って再生する、というようなことはできない。そのため取り込んだファイルを再生するのは別のアプリで行う必要がある。

Sparky Linuxには最初からいろいろと再生ソフトが入っているので、僕はその中からAudaciousというのを使っている。

上記はAsunderで取り込んだフォープレイのElixirを再生しているところ。これ、AudaciousでCDを再生するとCD情報が取得できず、Track1とかいう名前になってしまう。Asunderで取り込むと情報が来てくれるので再生環境が改善しますね。

僕は取り込み時にMP3にしているのでCDで聴くより音が劣化しているという話しはあるのだけれど、そもそもその差がわかるほどまともなオーディオで再生しているわけじゃないので取り込んでから聴く感じで全く問題ない。

これで音楽を流しながら作業できるようになった。El CapitanではiTunes1つだけ起動した状態でもほとんど使い物にならないぐらい重かったのに、CDを取り込みながらすでに取り込んである別のものを再生しつつ、ブラウザでブログを編集しながらスクリーンショットをKritaで編集し、みたいなことをやっても快適。

重いOSはマシンを殺すのだなぁと改めて思いますね。

しかしAsunderといいAudaciousといい、どう発音すればいいのかわかりにくい名前のアプリが多いね…。